三大メガバンクのカードローンの上限金利と融資スピードを比較

三大メガバンクと呼ばれている三菱東京UFJ銀行、三井住友銀行、みずほ銀行は3社ともカードローンのサービスを提供しています。メガバンクのカードローンという事で安心感があって利用する人も多いですが、どのカードローンを利用すればいいのか迷ってしまうという事もあります。そこでこの3社のカードローンを比較してみる事にしましょう。

銀行のカードローンは低金利と言われているので適用される事の多い上限金利から比較してみると三菱東京UFJ銀行のカードローンは14.6%、三井住友銀行のカードローンは14.5%、みずほ銀行のカードローンは14%という設定になっています。三菱東京UFJ銀行と三井住友銀行のカードローンはほとんど同じですが、みずほ銀行のカードローンだけ0.5%低く設定されているのでお得です。0.5%も低く設定されていると少額の借り入れでも影響してくるので上限金利で比較するとみずほ銀行のカードローンがいいです。

次に融資スピードを比較してみると三菱東京UFJ銀行と三井住友銀行のカードローンは店舗内に設置されている契約機で申し込みをすると即日融資を受ける事が可能です。みずほ銀行カードローンは口座を持っていてWeb完結で申し込めば即日融資を受ける事も可能ですが、口座を持っていないと口座開設もしなければいけないので融資を受けるまで2~3週間かかってしまうという事もあります。融資スピードを比較すると三菱東京UFJ銀行か三井住友銀行のカードローンがいいです。