消費者金融のキャッシングと総量規制について

年収の三分の一までというのが消費者金融のキャッシングで借入できる限度額となっています。これは総量規制という法律で定められているルールで消費者金融や信販会社、クレジット会社などの貸金業者からの借入に適用されます。なお、この総量規制による借入制限は貸金業者からの借入金の合計額となっています。

そのため、自分が借りたいと思っている金額によっては総量規制による借入制限に引っかかってしまい、借入希望額のすべてをキャッシングで工面できないことになります。もしも、総量規制による借入制限に引っかかってしまい、希望額を借りられないという場合には総量規制対象外の銀行カードローンなどの利用を検討するようにしましょう。