主婦でもキャッシングできる!便利な「配偶者貸付」

仕事を持たない、専業主婦。

安定した収入がないことからキャッシングができないと思うかたもいるようです。

しかし実際には専業主婦でも貸付を受けることは可能です。

それは総量規制の救済策である「配偶者貸付」を利用することで可能となります。

夫婦であることを証明できれば、夫婦の年収を合算した金額の3分の1以下までは借り入れが可能なのです。

ただし、

・夫に安定した収入があること

・2人が夫婦であること

を証明する必要があります。

そのため、夫の収入を証明できる書類なども必要になります。

なお、「配偶者貸付」を受ける金融機関・消費者金融により必要書類は違うため、キャッシングをする場合には事前に業者に確認をしてみましょう。